HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A・お問い合わせ買い物かごを見る
コミックパーク|絶版漫画を一冊からつくって販売!
新着一覧 全一覧
コミックパークtopへ 製本サンプル
詳細と購入(画像クリックで拡大表示)
全巻セット
あかつき戦闘隊 全5巻

あかつき戦闘隊 全5巻

相良 俊輔、画:園田 光慶
4,860円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無

単巻販売はこちら

※全巻まとめて購入する
 少年サンデーで「あかつき戦闘隊」の連載がスタートした1967年当時は、少年漫画の世界で戦記モノの大ブームが巻き起こり、完全に一つのジャンルとして確立していた。  [立ち読みする!]

当時の 「少年サンデー」
同時期に連載されていた作品は…

少年サンデー

単巻販売
あかつき戦闘隊 (1)

あかつき戦闘隊 (1)

相良 俊輔、画:園田 光慶
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:198ページ
ISBN:486188005X
 昭和18年、開戦以来ますます厳しさを増す南太平洋のパゴス島には、海軍兵学校を卒業したばかりの新米隊長・八雲剛一郎率いるあかつき戦闘隊がいた。7人の隊員は札つきの暴れん棒ぞろいだったが、戦闘において死を恐れるような臆病者は一人もいない。実戦の経験がなく腕も未熟な八雲にとって、海の中に隠れたまぼろしの滑走路を使いこなし、米軍の撃墜王で虎ザメ戦闘隊のグラハム少佐を倒すことは至難の業であった。 [立ち読みする!]
あかつき戦闘隊 (2)

あかつき戦闘隊 (2)

相良 俊輔、画:園田 光慶
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:202ページ
ISBN:4861880068
 自分の身代わりとなって戦闘中に片腕を失った竜伍長の命を救うため、八雲は愛機の三座水偵を駆って、日本海軍の司令基地があるラバウル島に飛んだ。だが、もともと陸軍の加藤隼戦闘隊に属していた竜に対し、海軍野戦病院の軍医たちは冷たかった。八雲はお偉方の戦闘機を盗んで戦地に戻ろうとしたが、パゴス島はまぼろしの滑走路を発見した敵の急襲に合い、あかつき戦闘隊のうち4人の隊員が無念の戦死を遂げた。 [立ち読みする!]
あかつき戦闘隊 (3)

あかつき戦闘隊 (3)

相良 俊輔、画:園田 光慶
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:198ページ
ISBN:4861880076
 片腕に義手をつけて復帰した竜伍長を加え、八雲以下3人になったあかつき戦闘隊は、敵の大艦隊を相手に決死の覚悟を決める。隊員を犬死に追いやることが正しいかどうか苦悩する八雲は、一時撤退して本土決戦を告げる。その決定に激しく反発する神は、敵グラマンの前に立ちはだかり、全身に無数の銃弾を浴びて壮烈な立ち往生を見せた。生き残った八雲たちは海軍の潜水艦に拾われて、最後の決戦が待つインドシナ沖の海域を目指す。 [立ち読みする!]
あかつき戦闘隊 (4)

あかつき戦闘隊 (4)

相良 俊輔、画:園田 光慶
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:202ページ
ISBN:4861880084
 元あかつき戦闘隊の2人が乗組員になった海軍の潜水艦イ=400は、敵の駆逐艦ホワイトウルフを相手に必死の一騎打ちを試みる。何も見えない暗闇の中、ホワイトウルフが執拗に追ってくるのは、敵ヘリコプターによって付けられた夜行塗料にあることを八雲は見抜いた。死中に活を求めて敵艦に体当たりしたイ=400はかろうじて助かったが、八雲は敵機を迎え撃つ艦載機の必要性を強く感じてシンガポールにやってきた。 [立ち読みする!]
あかつき戦闘隊 (5)

あかつき戦闘隊 (5)

相良 俊輔、画:園田 光慶
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:204ページ
ISBN:4861880092
 シンガポールの軍港で八雲を待っていたのは、元あかつき戦闘隊の一人で所属違いから陸軍に戻った義手の竜伍長だった。竜の助言もあってサイゴンの基地からフロート機を拝借することに成功したイ=400は、連合艦隊の一翼を担いながら決戦の地であるレイテ島に向かう。その前に立ちはだかる宿敵ホワイトウルフを粉砕した八雲は、日本を守る最後の砦である戦艦大和の苦境を知って、帰ることのない最後の戦闘に飛び立っていく。  他に短編作品、「黒いチャンピオン」「異聞 後藤又兵衛」を収録。 [立ち読みする!]