HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A・お問い合わせ買い物かごを見る
コミックパーク|絶版漫画を一冊からつくって販売!
新着一覧 全一覧
コミックパークtopへ 製本サンプル
詳細と購入(画像クリックで拡大表示)
全巻セット
D-ASH 全5巻

D-ASH 全5巻

北沢 未也、秋重 学
4,860円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無

単巻販売はこちら

※全巻まとめて購入する
小学生の頃、転校してしまった初恋の少女・前田紗英を思い続ける、飯島司。足の悪い彼女のために誰より速く走ることを約束した彼だったが……。進路選択を前に、揺れ動く高校生スプリンターの甘酸っぱい物語。  [立ち読みする!]

単巻販売
D-ASH (1)

D-ASH (1)

北沢 未也、秋重 学
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:209ページ
ISBN:9784090057809
小学5年生の司は性に目覚めたばかり。仲間のかっちゃんやタジやんと変態少年隊まで結成する始末。そんな彼には気になっている女の子がいる。同じクラスの前田紗英。彼女は昨年、交通事故に遭ってしまいい、母親を失い、自らも足に障害を負ってしまった(第1話)。 中学3年の司は、かっちゃんから公園に呼び出される。どうやら沢井のことらしい。自分が身を引くから、沢井と付き合ってくれというのだ。勢いで沢井とヤッてしまったとはいえ、紗英のことが忘れられない司は、なんとか断ろうとする(第4話)。 高校3年になった司はインターハイの出場メンバーに入れなかった。短距離走者の道よりも女の方を選んだ司は、凛さんの家にいりびたりになる(第5話)。 [立ち読みする!]
D-ASH (2)

D-ASH (2)

北沢 未也、秋重 学
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:209ページ
ISBN:9784090057816
大阪に住む紗英は、義母とのぎくしゃくした関係を嫌い、従姉妹である律子の家をたびたび訪れていた。だが、ある日紗英は律子の兄・敏行から暴行されかけたことをきっかけに、律子の家からも疎遠になってしまう(第11話)。 幼なじみの紗英を想うあまり、司は大阪にやってくる。だが、なんの手掛かりもない司は、とりあえず地元ギャルをナンパし、大阪の名所である空中庭園に向かう。一方、理学療法士・藤井のもとを訪れていた紗英は気分転換のため、藤井とともに空中庭園へ向かうが…(第12話)。 [立ち読みする!]
D-ASH (3)

D-ASH (3)

北沢 未也、秋重 学
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:206ページ
ISBN:9784090057823
婚約者・藤井の存在を知らない司は、頻繁に紗英の通う貞聖女子大を訪れていた。大学の同級生たちは二人の仲に興味を持っていたが、紗英はあえて司を意識しないようにしていた(第23話)。 ある日、紗英に婚約者がいることを知った司は、あわてて紗英のもとへ駆け付ける。動揺した司はしきりに紗英をデートに誘うが、紗英はきっぱりと断っていた。やがて、立ち去ろうと歩きだした紗英に、路上に駐車してあった自転車が倒れ掛かる(第24話)。 [立ち読みする!]
D-ASH (4)

D-ASH (4)

北沢 未也、秋重 学
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:206ページ
ISBN:9784090057830
婚約者・藤井の家を訪れた紗英は、藤井の両親をまじえて結婚話を進める。だが、紗英は司と過ごした一度きりの夜を忘れられずにいた。一方、司は全日本選手権に向けて練習に励んでいたが、なかなか調子が上がらずにいた(第33話)。 律子と一緒にカラオケボックスに行った司は、偶然にも紗英と藤井に出会う。4人はしばらく一緒に過ごしていたが、紗英と藤井の結納が目前に迫っていることを聞かされた司は、激しく動揺する。やがて、紗英は藤井とともに帰ってゆくが、あきらめらない司は紗英を追いかける…(第34話) [立ち読みする!]
D-ASH (5)

D-ASH (5)

北沢 未也、秋重 学
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:213ページ
ISBN:9784090057847
全日本選手権に向け、御殿場合宿でトレーニングを重ねる司と三木。だが三木は、秘かにドーピングの副作用で苦しんでいた。ある晩、三木は司のポケットから、「マービンがくれた」という“筋肉消炎剤”を見つける。(第44話) 全日本選手権予選当日。司は、自己ベストを更新する好調な走りで、予選を勝ち抜く。だが三木は、日本新記録をマークする圧倒的な速さで、司や他の強豪たちをよせつけなかった。そんな三木を、陸南大の理事長とマービンは不穏な表情で見つめていた。(第45話) 全日本選手権準決勝で、司はさらに自己ベストを更新し、決勝進出を決める。一方、三木はアジア人初の9秒台に0.01と迫るタイムを弾き出すが、ゴール直後に倒れてしまう。(第46話) [立ち読みする!]