HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A・お問い合わせ買い物かごを見る
コミックパーク|絶版漫画を一冊からつくって販売!
新着一覧 全一覧
コミックパークtopへ 製本サンプル
詳細と購入(画像クリックで拡大表示)
全巻セット
薔薇のために 全16巻

薔薇のために 全16巻

吉村 明美
15,552円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無

単巻販売はこちら

※全巻まとめて購入する
祖母に死なれ天涯孤独となった、枕野(まくらの)ゆり。ところが祖母の遺書で実は母親は生きていた、その上、兄弟が3人もいることを知り…。  [立ち読みする!]

単巻販売
薔薇のために (1)

薔薇のために (1)

吉村 明美
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:190ページ
ISBN:9784090058486
恋人にふられ、祖母を亡くし、お金も住む家もなくなってしまったゆり。突然不幸のどん底に突き落とされた彼女は、祖母が遺した手紙で、死んだと聞かされていた母親が、実は生きている事を知った。さっそく母親を訪ねたゆりを待っていたのは…!? 『プチコミック』で連載された「薔薇のために」第1巻です。 [立ち読みする!]
薔薇のために (2)

薔薇のために (2)

吉村 明美
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:190ページ
ISBN:9784090058493
母親と兄弟の住む札幌の花屋敷家で暮らし始めたゆり。しかし扱いはメチャクチャでゆりは心身ともに悪戦苦闘する毎日。そんなある日、女優の母親が、ゆりをふった元BF・梅本と、その恋人を連れて家に帰ってきた。とまどいを隠せないゆりだが…!? 『プチコミック』で連載された「薔薇のために」第2巻です。 [立ち読みする!]
薔薇のために (3)

薔薇のために (3)

吉村 明美
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:189ページ
ISBN:9784090058509
花屋敷家の人々にも、次第になじんできたゆり。特に、酒を飲むと優しくなる長男・菫に心惹かれていく。しかし、次男・葵も、彼に近親相姦ホモ(!?)的感情を抱いており、何かと敵視されるゆりの気持ちは複雑である。そんなある日、ゆりは、菫や葵と一緒に、富良野にある花屋敷家の別荘へ行くことになるが……!? [立ち読みする!]
薔薇のために (4)

薔薇のために (4)

吉村 明美
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:190ページ
ISBN:9784090058516
漫画家・桃家のところに世話になっていたゆり。菫たちが捜していると知り、再び花屋敷家へ戻ってきた。そして、自分の母親がしょう子の親友・萌子で、父親が枕野ではなく、葵の父親・草薙だったという意外な事実を聞いてしまい…!? 『プチコミック』で連載された「薔薇のために」第4巻です! [立ち読みする!]
薔薇のために (5)

薔薇のために (5)

吉村 明美
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:186ページ
ISBN:9784090058523
漫画家・桃家猫吉の家へ、飯炊きのバイトに行っているゆり。締め切り直前に泊まり込むことになった。菫は、そんなゆりが心配でしょうがない。翌日になってもなかなか帰ってこないゆりに、とうとう菫は我慢しきれず、自ら桃家宅へ迎えに行くが…!? 『プチコミック』で連載された「薔薇のために」第5巻!! [立ち読みする!]
薔薇のために (6)

薔薇のために (6)

吉村 明美
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:190ページ
ISBN:9784090058530
藤子と浮気した菫が許せないゆりは、菫と衝突し、家をとび出した。それを見た葵は、もう“妹”はいらないだろうからゆりは俺がもらう、と菫に告げてその後を追ってゆく。傷ついたゆりをなぐさめようと気をつかう葵の優しさに、おちつきを取り戻したゆりは…!? プチコミックで連載された「薔薇のために」第6巻。 [立ち読みする!]
薔薇のために (7)

薔薇のために (7)

吉村 明美
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:191ページ
ISBN:9784090058547
20歳の誕生日に初めて飲んだ酒で酔っぱらい、翌日初めての二日酔いを経験したゆり。菫はそれを少々複雑な思いでながめていた。ゆうべはしらふのままゆりに優しくしてしまい、自分がゆりに惹かれていることを自覚したのだ。そのことを知った葵は…!? プチコミックに連載された「薔薇のために」第7巻です。 [立ち読みする!]
薔薇のために (8)

薔薇のために (8)

吉村 明美
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:191ページ
ISBN:9784090058554
母親のしょう子が仕事がオフになり、久し振りに家に帰ってきた。そして、突然ゆりにお見合いをしろと言い出した。絶対にイヤだと言い張るが、強引に話を進められてしまう。写真も見ずにお見合いに臨んだゆりだが、相手は思いもかけずいい人で…。 『プチコミック』で連載された「薔薇のために」第8巻です。 [立ち読みする!]
薔薇のために (9)

薔薇のために (9)

吉村 明美
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:191ページ
ISBN:9784090058561
ゆりが1週間ほど東京に遊びに行くことになった。猫吉が出版社のパーティーのために上京するのに同行して、ついでに友達を訪ねようというのだ。そのゆりの留守に、花屋敷家にスミレの母親違いの妹が訪ねてきた。もう一人の“妹”の出現に、スミレは…!? 『プチコミック』に連載された「薔薇のために」第9巻です。 [立ち読みする!]
薔薇のために (10)

薔薇のために (10)

吉村 明美
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:189ページ
ISBN:9784090058578
兄弟みんなで富良野の別荘に来ていたゆりは、薪を探しに出て崖下に転落。救助に来たスミレに意識がもうろうとした状態で自分の恋心を告白してしまう。全身打撲の重体ながら、なんとか命をとりとめたゆり。だが、彼女が妹でないと知ったスミレは…!? 『プチコミック』に連載された『薔薇のために』第10巻!! [立ち読みする!]
薔薇のために (11)

薔薇のために (11)

吉村 明美
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:186ページ
ISBN:9784090058585
とりあえず家事見習いということでいついてしまったかえで。彼女の葵に一途な態度が憎めないゆりは、ていねいに家事の指導を始める。葵はそんな2人の様子にいらだつ。一方、今は亡きセリへの愛とゆりへの思いの間で心がゆれているスミレは…!? 『プチコミック』に連載された『薔薇のために』、第11巻です。 [立ち読みする!]
薔薇のために (12)

薔薇のために (12)

吉村 明美
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:191ページ
ISBN:9784090058592
かえでが去って、静けさを取り戻した花屋敷家…だったのだが、それは長くは続かなかった。スミレが書いた小説が賞をとってしまったのだ。ゆりはスミレの受賞を喜んだり、遠い人になってしまうのではと心配していたのだが、2作目が発表されると…。 『プチコミック』に連載された『薔薇のために』、第12巻。 [立ち読みする!]
薔薇のために (13)

薔薇のために (13)

吉村 明美
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:184ページ
ISBN:9784090058608
ゆりと自分との間には、血のつながりはないかもしれない…叔父の話でそのことを知った葵。ゆりに恋人として自分を受け入れるのか、それともきっぱりと拒絶するのか、二者択一を迫った。これまでどおおり、姉弟としての関係を保ちたいゆりは悩むが…!? 『プチコミック』に連載された『薔薇のために』、第13巻。 [立ち読みする!]
薔薇のために (14)

薔薇のために (14)

吉村 明美
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:189ページ
ISBN:9784090058615
ゆりのスミレへの恋はつのるばかり…。片思いでも、十分幸せだと思っていたゆりだが、ある時、その気持ちは偽りだと気がついてしまう。スミレに自分を認めて好きになってほしい、愛してほしいと思い悩み苦しむゆり。そんな彼女にスミレの出した答えは…!?『プチコミック』に連載された『薔薇のために』、第14巻。 [立ち読みする!]
薔薇のために (15)

薔薇のために (15)

吉村 明美
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:189ページ
ISBN:9784090058622
スミレからの告白で、ついにゆりはスミレと両思いになれた。しかし喜ぶのもつかの間、しょう子の妊娠で新たな騒動が。加えてしょう子はスミレとゆりとの仲を認めず、ゆりの戸籍は本来の場所に正せないでいた。そこに、ゆりの伯父と名乗る人物が現れて…!?「プチコミック」に大好評連載中の『薔薇のために』、第15巻。 [立ち読みする!]
薔薇のために (16)

薔薇のために (16)

吉村 明美
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:188ページ
ISBN:9784090058639
スミレと両思いになったゆり。ついにふたりは結ばれ、幸せいっぱいでゆりは帰宅を。だが朝帰りのゆりに、しょう子は平手打ちし叱咤する。母親をしらないゆりは、本気でぶつかってきたしょう子をありがたく感じる。だがスミレとの結婚への道は険しくて…。「プチコミック」で大好評を博した『薔薇のために』完結巻。 [立ち読みする!]