HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A・お問い合わせ買い物かごを見る
コミックパーク|絶版漫画を一冊からつくって販売!
新着一覧 全一覧
コミックパークtopへ 製本サンプル
詳細と購入(画像クリックで拡大表示)
全巻セット
だから笑介 全22巻

だから笑介 全22巻

聖 日出夫
21,780円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無

単巻販売はこちら

※全巻まとめて購入する
 大手商社・五井物産の落ちこぼれ社員だった大原笑介も、めでたく食品事業部食品3課の係長に昇進。しかし仕事は超多忙で、プロポーズした今日子との結婚も遅々として進まない。なにせ部下を率いる係長、自分だけ仕事に一生懸命ではつとまらない。部下の気持ちを把握し、育てていく役目もあって問題は山積みの毎日だ。持ち前の元気と明るさだけでは解決できないこれらの難問に、笑介はどう立ち向かう?!  [立ち読みする!]
【おすすめ評価】
 新入社員編『なぜか笑介』に続き、係長となった大原笑介の新人管理職、奮闘物語。

単巻販売
だから笑介 (1)

だから笑介 (1)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:217ページ
ISBN:4090011388
今日は五井物産の辞令発令の日。あの大原笑介も、本日より係長に昇進である。次長に昇格した高山、課長になった花園女史と、新体制となった食品3課はヤル気ムード満々。だが、その大事な1日目から大遅刻という失態を演じた笑介。元来、頑張り屋ではあるが、係長の内示を受けてからというもの朝から晩まで働き詰めで余裕がなく、過移出先からの連絡も怠りがち。周囲は少々困惑気味だが… [立ち読みする!]
だから笑介 (2)

だから笑介 (2)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:223ページ
ISBN:4090011396
北海道に建設する新工場の予定地を視察するため、米国ウイズ社のマッコイ副社長が来日した。笑介は日本支社長の鳥井と共にマッコイに同行、北海道へ。視察を終え、後は夜のススキノを探訪、といきたいところだったがダクシーの故障のため、近くの民宿に宿泊するハメに。だが、ぶつぶつ文句をいう鳥井を後目に、ぬかるみ道を歩かされ、宿で茹でたジャガイモを差し出されたマッコイは、怒るどころか、なんだかご満悦の様子だ… [立ち読みする!]
だから笑介 (3)

だから笑介 (3)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:217ページ
ISBN:409001140X
食品3課課長)、泉今日子(五井物産人事部社員・笑介の婚約者) ●あらすじ/五井物産では新人社員の研修会が始まった。だが、大手商社に憧れて入社してはみたものの、配属志望もいまだ提出しない新人たちに、いまひとつ覇気が感じられない。そんなある日、室町食品の竹下取締役から笑介に電話がかかってきた。新製品説明会の説明員が60人も足りなくなって困っているというのだ。笑介は上司の反対を押し切って、研修中の新人たちを派遣することにした… [立ち読みする!]
だから笑介 (4)

だから笑介 (4)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:221ページ
ISBN:4090011418
入社一年目でアメリカ留学した才媛・大川昇子が帰国、食品2課に配属されることが決まった。着任早々、米国ジロック社との販売権を獲得するとりう、どデカイ取引を持ち帰ってきたという。食品部全員が彼女の歓迎会に出席した夜、ひとりで残業していた笑介は、大川あての外国人からの電話を受ける。英語が苦手な笑介が要領を得ない受け答えでメモを残すが、それはジロック社の副社長の来日スケジュール変更を伝える、重要な電話だった… [立ち読みする!]
だから笑介 (5)

だから笑介 (5)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:219ページ
ISBN:4090011426
仕事納めも無事終わった年末。笑介も明日は大学時代の友人たちと毎年行っている忘年会に出席する予定だ。だが、そこへ室町食品の竹下取締役から電話が。明日、アメリカから帰国してくる五井物産の駐在員にどうしても会いたいというのだ。駐在員が成田に到着するのは昼。急いで会合を片づければ充分、忘年会に間に合うはずだったが、悪天候のため飛行機が予定より3時間も遅れてしまった… [立ち読みする!]
だから笑介 (6)

だから笑介 (6)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:219ページ
ISBN:4090011434
食品3課の女子社員・小森はいつも元気がいい。ところが最近、落ち込む日が多くなり、仕事も手に付かなくなっていた。そんなある日、笑介が小森が担当している平安フーズの村上と会うことになり、その席で村上が小森にプロポーズしたことを聞かされる。しかしその後、彼女の様子がおかしくなったという。村上は、笑介に、彼女が落ち込む理由を聞いて欲しいと頼むのだが… [立ち読みする!]
だから笑介 (7)

だから笑介 (7)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:199ページ
ISBN:4090011442
ある日笑介は、室町食品の竹下取締役から、カンキ香料の女性専務を紹介される。彼女は竹下に、大規模な新工場の建設について相談していたのだ。かねてより「困った時は五井物産の笑介に頼め」と竹下に聞かされていた彼女は、早速新工場の建設プランの検討を笑介に依頼する。五井物産の各セクションに調査を依頼した笑介は、建設プランが不可能であることを知る。問題は、天才肌の技術者であるカンキ香料の社長が使う、莫大な研究開発費であるというのだが… [立ち読みする!]
だから笑介 (8)

だから笑介 (8)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:207ページ
ISBN:4090011450
このところ、五井物産の食品事業部では管理職たちがあちこちで密談している。花園課長と高山次長もなにやらヒソヒソ話。そんなある日、本来ならば食品1課で扱うはずの商品、万延食品のドレッシングを食品3課で捌けないかとの提案が花園課長から出た。高価格で利幅の少ない商品であるだけに、「食1に奉公することはない」と課員たちは大反対。だが、笑介ひとりだけは「味も悪くないし、イケますよ」と賛成する。結局、笑介が、ほとんど利益が出ないことを覚悟した上で給食会社に納入した。ところが、このドレッシングが給食会社に大評判、同じ値段で、と大量注文が入る。このままではただ働き同然になってしまう。その状況をずっと静観していた花園課長は… [立ち読みする!]
だから笑介 (9)

だから笑介 (9)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:211ページ
ISBN:4090011469
最近、高山次長と三条の仲があまり良くない。高山が三条に命じた報告書作りがなかなか上がらないのだ。三条も通常業務で忙しい中をぬって進めてはいるのだが、半日以上はかかる大仕事なので、そう簡単には終わらないという。笑介が徹夜して手伝うことになったが、やっと完成した報告書に高山はやり直しを命じ、再び険悪なムードに。その時、ふたりの間に入っていた笑介が突然キレた。「ふたりとも勝手にしてください!」都叫び、会社から飛び出していった。いつもはニコニコしている笑介ノア鞠の剣幕に、食品3課は一同茫然だが… [立ち読みする!]
だから笑介 (10)

だから笑介 (10)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:201ページ
ISBN:4090011477
五井物産では、人事課と営業が反目する事が多い。人事は自分たちが作った組織と秩序で会社が成り立っていると思い、営業は汗水たらして自分たちが稼いだ数字で会社を支えていると思っているからだ。そんなある日、人事課が作成している会社案内パンフレット制作でトラブルが起きた。扱い商品として掲載する予定だった外車に欠陥が見つかり、別の商品に急遽差し替えなけらばならなくなったのだ。その話を聞いた笑介は、早速、自分が扱うカップめんを売り込む。学生たちに人気ナンバー1の商品だけに、人事も乗る気になったが… [立ち読みする!]
だから笑介 (11)

だから笑介 (11)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:217ページ
ISBN:4090011485
急遽決まったアメリカ出張。英会話に自信のない笑介の唯一の頼りは、英語が堪能な、室町食品の竹下取締役だったが、竹下に急用が入り、たったひとりで渡米する羽目になる。なんとかニューヨークの空港にたどりつくが、迎えに来た米国五井の社員ともちょっとした行き違いで会えずじまい。仕方なく、ひとりで会社のビルを捜し始めたが、間違えて四星商事のビルにたどりつく始末。こんな調子で、無事に大事な出張をこなせるのだろうか… [立ち読みする!]
だから笑介 (12)

だから笑介 (12)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:217ページ
ISBN:4090011493
ニューヨークでの生活にもそろそろ慣れてきた笑介。今日はホテル暮らしを終える日だ。引っ越し先は会社から徒歩15分の高級アパートメント。笑介と同じく、単身赴任でやって来た日本人の住人も多く、早速、カップめんの蕎麦を持って挨拶に回る笑介。だが、なぜが隣人たちの態度がよそよそしい… [立ち読みする!]
だから笑介 (13)

だから笑介 (13)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:201ページ
ISBN:4090011507
北大路が明応飼料との大きな取引を決めてきた。家畜飼料にする大豆の搾りカス、5千トンの売買を成立させたのだ。だが上司の畑中は、相場が高騰して入手の難しい大豆カスをどうやって手配するのかと、北大路を叱責。そもそも畑中の支持で明応との交渉を開始したとい言い張る北大路と険悪なムードとなる。そんな北大路を心配して酒の席に誘った笑介に「輸入グループの石川部長のように、若手の信望を集める上司がいい」とボヤく北大路。だが笑介は… [立ち読みする!]
だから笑介 (14)

だから笑介 (14)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:217ページ
ISBN:4090011515
食品工場のトラブル解決のため、ロサンジェルスにやってきた笑介は、空港でなぜか今日子に出会う。実は、今日子は高山部長代理の計らいで笑介に会いに来たのだった。なかなか事情が飲み込めない笑介はすぐに東京に電話をかけるが、今度は高山部長代理からパームスプリング行きを命じられる [立ち読みする!]
だから笑介 (15)

だから笑介 (15)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:205ページ
ISBN:4090011523
忙しい年の瀬、笑介は仕事絡みの忘年会をキャンセルして、今日子の両親との食事会のために時間を空けていた。しかし当日、部下の三条のために急きょ中国語の通訳を探すことになった笑介は、やむなく食事会をキャンセルし、社内で中国語に堪能な人物を探すことになる。だが、なかなか適当な人物が見つからずに困り果てた笑介は、人事担当の取締役・木下のもとを訪れる. [立ち読みする!]
だから笑介 (16)

だから笑介 (16)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:213ページ
ISBN:4090011531
ある日、取引先にやってきた笑介は、ライバル会社・四つ星商事の大久保という男に出会う。大阪から転勤してきたという大久保は気さくな男で、さっそく笑介と飲みに行く。だが、大久保は自分のライバルになる笑介を研究するために、あえて笑介に近づいていたのだった. [立ち読みする!]
だから笑介 (17)

だから笑介 (17)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:219ページ
ISBN:409001154X
笑介の部下・上村は人の好き嫌いをすぐ表にだすため、同僚から反感を買っていた。その上、その性格が災いし得意先の安貞食品の下里部長を怒らせてしまう。笑介は渋る上村を説得し、2人で下里部長に謝りにいくのだが…… [立ち読みする!]
だから笑介 (18)

だから笑介 (18)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:211ページ
ISBN:4090011558
笑介がアメリカに勤務していた頃お世話になっていた室町アメリカの竹下が、近々日本に戻るという。しかも、当時笑介が建設担当をしていたアメリカ工場が成功したため室町食品本社の専務に栄転するという。そんな折、室町と五井物産にトラブルが発生した。室町と親しく付きあっている笑介は、仲介役を頼まれるのだがそれもうまくいかない。笑介はどうやってこの問題を解決するのか…… [立ち読みする!]
だから笑介 (19)

だから笑介 (19)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:207ページ
ISBN:4090011566
笑介はある日、同期の加藤が婚約者の安斎カオリと、もめているのを目にする。どうやら、加藤がカオリの父親との間に感情的な行き違いがあるらしい。実は、このカオリの父親というのが笑介のお得意先の会社社長だったのだが…… [立ち読みする!]
だから笑介 (20)

だから笑介 (20)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:205ページ
ISBN:4090011574
現在、笑介は担当している延徳食品株式会社で、本格的なハヤシライスを売り出そうと奔走中! そんなある日、延徳の社運を賭けたレトルトカレーの発売を担当しているライバル会社・四星商事の延徳担当・香山優作と出会う。笑介のハヤシライスの企画のことを聞きつけた香山は、その仕事を奪ってやろうと動き出す。しかし、その結果、香山はメインの仕事であるレトルトカレーの方がおろそかになり、パッケージの発注を忘れるという重大なミスを犯してしまう。自分のミスによって延徳を怒らせ、誰にも相談できずに困っていた香山に、笑介の取った行動は!? [立ち読みする!]
だから笑介 (21)

だから笑介 (21)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:205ページ
ISBN:4090011582
にも厚い、名教育係) ●あらすじ/猪突猛進、体力で勝負する食品3課の広田が、寛和製薬に熱心に通い詰めている。寛和は石和通商とのつきあいが長い老舗の食品会社で、笑介たち五井物産の割り込む余地は少なかったが、広田の熱意が通じたのか、ついに正式に取引を始めることに。がぜんはりきる広田だったが、思いもよらないトラブルが発生して……!? [立ち読みする!]
だから笑介 (22)

だから笑介 (22)

聖 日出夫
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:237ページ
ISBN:4090011590
明応食品の売れ筋商品“ちょこ辛”をコンビニの販売ルートに乗せるため、地道な交渉を続ける笑介。明応食品にとっても悪い話ではなく、開発担当の田所部長からは了承を得ているのだが、その上役・津村取締役からなかなかOKが出ないのだ。あきらめずに明応食品に足を運ぶ笑介だが、話が進展しない原因は、実は田所部長にあって……? [立ち読みする!]