HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A・お問い合わせ買い物かごを見る
コミックパーク|絶版漫画を一冊からつくって販売!
新着一覧 全一覧
コミックパークtopへ 製本サンプル
詳細と購入(画像クリックで拡大表示)
全巻セット
やったろうじゃん!! 全19巻

やったろうじゃん!! 全19巻

原 秀則
18,810円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無

単巻販売はこちら

※全巻まとめて購入する
鬼監督・喜多条を迎え、甲子園を目指す朝霧ナインが、理想と現実のギャップを克服し、高校時代の3年間を完全燃焼する姿を爽やかに描く。  [立ち読みする!]

単巻販売
やったろうじゃん!! (1)

やったろうじゃん!! (1)

原 秀則
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:224ページ
ISBN:4090016134
喜多条監督の過去が明らかにされ(第4話)、この作品の前半部のテーマである「もう一度甲子園へ行こう」という喜多条の思いが描かれている。 [立ち読みする!]
やったろうじゃん!! (2)

やったろうじゃん!! (2)

原 秀則
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:220ページ
ISBN:4090016142
あまりにも遠い甲子園への道を思い知らされた朝霧ナインは、監督への不満を爆発させる(第4話)。しかし喜多条の過去と、甲子園を目指す熱い気持ちを知った朝霧ナインは再び練習を開始する(第6話)。 [立ち読みする!]
やったろうじゃん!! (3)

やったろうじゃん!! (3)

原 秀則
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:222ページ
ISBN:4090016150
喜多条とともにこの物語の中心人物である江崎が初登場し、チーム内のポジション争いが激化する。また、地区予選最大のライバルである滝山高との練習試合を契機に、朝霧ナインの闘争心に火が着く(第6話)。 [立ち読みする!]
やったろうじゃん!! (4)

やったろうじゃん!! (4)

原 秀則
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:226ページ
ISBN:4090016169
地区予選を迎え、監督と選手が一丸となって目標に向かう姿が描かれる(第6話)。また、これまでのギスギスした野球から、徐々に開放されつつある喜多条の表情にも変化が見られる(第8話)。 [立ち読みする!]
やったろうじゃん!! (5)

やったろうじゃん!! (5)

原 秀則
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:214ページ
ISBN:4090016177
初戦を突破し、勢いづく朝霧ナインにあって、江崎は鬼気迫る投球を続ける。本巻では、江崎が何故これまで無名だったのかが明らかにされ(第7話)、さらに成長を続ける江崎の姿が描かれる(第10話) [立ち読みする!]
やったろうじゃん!! (6)

やったろうじゃん!! (6)

原 秀則
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:220ページ
ISBN:4090016185
朝霧高野球部が結束を強めるにつれ、喜多条が徐々に過去の呪縛から開放されていく様子が窺える(第10話)。 [立ち読みする!]
やったろうじゃん!! (7)

やったろうじゃん!! (7)

原 秀則
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:210ページ
ISBN:4090016193
延長戦、江崎を迎えた境工のピッチャーは、己の力を信じて勝負に出る(第5話)。地区予選も終盤に入り、連投の続く江崎を休ませるため、喜多条は先発加納という奇策をとる(第9話)。本巻では一発勝負の高校野球ならではの面白みが描かれている。 [立ち読みする!]
やったろうじゃん!! (8)

やったろうじゃん!! (8)

原 秀則
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:202ページ
ISBN:4090016207
[立ち読みする!]
やったろうじゃん!! (9)

やったろうじゃん!! (9)

原 秀則
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:206ページ
ISBN:4090016215
[立ち読みする!]
やったろうじゃん!! (10)

やったろうじゃん!! (10)

原 秀則
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:214ページ
ISBN:4090016223
[立ち読みする!]
やったろうじゃん!! (11)

やったろうじゃん!! (11)

原 秀則
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:210ページ
ISBN:4090016231
憧れの甲子園にやってきた朝霧ナインは、大舞台に臆することなくのびのびと野球を楽しんでいた。しかし、喜多条は成京学院高・赤城監督との対談(第7話)を経て、再び自らの忌まわしい過去を思い出してしまう。 [立ち読みする!]
やったろうじゃん!! (12)

やったろうじゃん!! (12)

原 秀則
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:202ページ
ISBN:409001624X
ついに最強の敵・成京学院と顔を合わせることになった朝霧高。喜多条は失くした何かを取り戻すかのように、勝ちにこだわった采配をふるう。しかし、そんな喜多条の姿勢に朝霧ナインは違和感を覚える(第8話)。 [立ち読みする!]
やったろうじゃん!! (13)

やったろうじゃん!! (13)

原 秀則
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:200ページ
ISBN:4090016258
成京学院・赤城監督の「勝つための野球」に強く反発していた喜多条。しかし成京学院との戦いの中で、彼はいつの間にか自分も赤城と同じ道をたどっていることに気づく(第4話)。 [立ち読みする!]
やったろうじゃん!! (14)

やったろうじゃん!! (14)

原 秀則
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:204ページ
ISBN:4090016266
ついに宿敵・成京学院を倒した朝霧ナイン。しかし、勝利の代償はあまりにも大きかった(第5話)。本巻では、喜多条が忌まわしい過去との決別を果たすと同時に、「なぜ江崎は投げるのか」という後半部のテーマが示される。また、後に重要な役割を果たすモモコが登場する(第9話)。 [立ち読みする!]
やったろうじゃん!! (15)

やったろうじゃん!! (15)

原 秀則
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:202ページ
ISBN:4090016274
「もう一度投げたい」という熱い思いを胸に、江崎は黙々とリハビリを続ける。そんな江崎の情熱に戸惑いながらも、喜多条は再び江崎を野球部に迎え入れる(第6話)。本巻では、一途に野球を愛する少年の姿を通し、燃え上がる青春の炎が描かれている。 [立ち読みする!]
やったろうじゃん!! (16)

やったろうじゃん!! (16)

原 秀則
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:202ページ
ISBN:4090016282
長いリハビリ期間を終え、肩の状態が元に戻った江崎。しかし復帰後はじめての全力投球で、江崎は精神的な壁にぶつかってしまう(第4話)。 [立ち読みする!]
やったろうじゃん!! (17)

やったろうじゃん!! (17)

原 秀則
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:200ページ
ISBN:4090016290
地区予選が始まるが、エースナンバーは江崎ではなく中井戸に与えられた。マウンドを奪われ、悔しいはずの江崎。しかし、登板のチャンスを与えられた江崎は打ち込まれ、自ら降板を願い出る(第10話)。果して江崎は本当に復活できるのか?モモコは忍び寄る魔の手から逃れることができるのか? 物語は終局に向かう。 [立ち読みする!]
やったろうじゃん!! (18)

やったろうじゃん!! (18)

原 秀則
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:220ページ
ISBN:4090016304
ついに速球を取り戻した江崎。しかし、その完全復活の陰には、少年にとってあまりにも過酷な現実があった。後半部のクライマックスといえる本巻では、ひとつの悲劇をきっかけにさまざまな感情が噴出する江崎の姿が描かれる。特に、6ページにわたって描かれる江崎の咆哮からは(第12話)、少年の悲しみとやるせなさが痛いほど伝わってくる。 [立ち読みする!]
やったろうじゃん!! (19)

やったろうじゃん!! (19)

原 秀則
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:206ページ
ISBN:4090016312
モモコを守れなかった自分を痛めつけるように、江崎は甲子園でも全力投球を続けていた。がむしゃらに投げつづける江崎に対し、喜多条はアドバイスをおくる(第9話)。本巻では、後半部のテーマである「なぜ投げるのか」という問い掛けに対し、江崎がひとつの答えを見つける。そして、少年の暑い夏が終わる [立ち読みする!]