HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A・お問い合わせ買い物かごを見る
コミックパーク|絶版漫画を一冊からつくって販売!
新着一覧 全一覧
コミックパークtopへ 製本サンプル
詳細と購入(画像クリックで拡大表示)
全巻セット
電光石火 全6巻

電光石火 全6巻

盛田 賢司
5,940円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無

単巻販売はこちら

※全巻まとめて購入する
西海道(九州)を異国へ売り払おうとする徳川幕府を倒すため、江戸へ向かう鬼籍刺客人たち!!! 鬼才・盛田賢司が描く奇想天外時代劇!!!  [立ち読みする!]

当時の 「ビッグコミックスピリッツ」
同時期に連載されていた作品は…

ビッグコミックスピリッツ

単巻販売
電光石火 (1)

電光石火 (1)

盛田 賢司
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:208ページ
ISBN:9784090056369
たった一杯のメシで仇討ちを引き受け、百人はいようかという三角藩士相手に大立ち回り!! 挙句の果てに捕らえられた一人の浪人者が連行された先は、通称“獄門島”だった!! 藩主・清長の趣向で、藩内の重罪人すべてが送り込まれ、殺し合いをし、最後に生き残った7人だけが助かるという“闘技場”―――。 自分をかばい死んでいった男から、清長への書状を預かった浪人者は、生き抜くことを誓い、地獄のサバイバルへ身を投じてゆくが…!? 鬼才・盛田賢司が満を持して描く奇想天外時代劇、ここに登場!! [立ち読みする!]
電光石火 (2)

電光石火 (2)

盛田 賢司
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:212ページ
ISBN:9784090056376
三角藩主・清長の命により、藩内の重罪人すべてが集められ、殺し合いをし、生き残った7人だけが助かるという獄門島でのサバイバル―――。だが、その勝者は主人公・雷光之介をはじめ、8人いた!! 最後に斬り捨てるべき1人を決しようとしたその時、藩主・清長が登場。8人は城へ連行されるが、そこに待っていたのは、意外にも盛大な宴だった。そして席上、清長の口から驚きの言葉が吐かれる。「徳川幕府を倒してもらいたい……」果たして、その真意は!? 鬼才・盛田賢司が新境地に挑む奇想天外時代劇の第2弾、遂に登場!! [立ち読みする!]
電光石火 (3)

電光石火 (3)

盛田 賢司
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:206ページ
ISBN:9784090056383
獄門島での決死の闘いから生き残った雷光之介ら八人。「財政難のため、西海道(九州)を外国に売り渡そうとしている徳川幕府を倒せ」との、清長の死を賭しての依頼を受け、一行は江戸へ向かった。途中、通りがかりの村で修験者の大集団の攻撃を受け、光之介は爆死!? そこに光之介と瓜二つの顔をした男・極楽丸が登場。村を襲う“鬼”、暴虐の領主、天使の“人君様”。謎が謎を呼ぶこの村で、獄門島の一行は、事件に巻き込まれて行くが……。 鬼籍刺客人となった獄門島の八人の、サムライ暗殺剣が唸りをあげる――!! [立ち読みする!]
電光石火 (4)

電光石火 (4)

盛田 賢司
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:203ページ
ISBN:9784090056390
徳川幕府を倒すため江戸へ急ぐ雷光之介ら8人は、暴虐の領主・忠晴が治める村で謎の修験者集団に襲われる。仲間や村を身を挺して救い出した光之介は、爆死したと思われたが、実は、両親を亡くした村娘・千代に助け出され生きていた。 仁君様と呼ばれる女神のような新興宗教の教祖が、実は強盗集団の“鬼”だったり、光之介と瓜二つの極楽丸という名の凄腕の男が暗躍したり、村の謎は深まるばかり……。 命の恩人・千代を殺された光之介は、7人の仲間と共に、真相を暴くため、鬼籍刺客人となって立ち上がった!! [立ち読みする!]
電光石火 (5)

電光石火 (5)

盛田 賢司
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:222ページ
ISBN:9784090056406
徳川幕府を倒すため江戸へ急ぐ雷光之介ら8人は、暴虐の領主・忠晴が治める村に滞在中。光之介と瓜二つの極楽丸という凄腕の男が現れる。この男、実は徳川幕府を裏で操る“公儀刺客人”の頭首で、光之介の双子の弟だった。 獄門島8人VS公儀刺客人、壮絶な闘いの果て……第一章、衝撃の結末が!! 半年後、極楽丸はイスパニアと九州売却の仮契約を交わした。江戸の学問所に通う志波十三郎は、九州売却を企てる幕閣征伐を決意。高尾山の選抜トライアルに生き残った10人で決起集団をつくり、幕閣暗殺を繰り返すが…… 第二章、九州売却をめぐる陰謀のすべてが明らかに――――!? [立ち読みする!]
電光石火 (6)

電光石火 (6)

盛田 賢司
990円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:204ページ
ISBN:9784090056413
幕府が計画する九州売却まで半年。江戸の学問所に通う志波十三郎は、九州売却を企てる幕閣征伐を決意。高尾山の選抜トライアルに生き残った10人で決起集団をつくり、幕閣暗殺を繰り返し、ついには九州売却の黒幕・大岡忠光を討った。ところが、幕閣征伐は極楽丸の野望実現の布石に過ぎなかった……。 幕府の実権を握った極楽丸は、九州売却益をあてにし、新生日本誕生に向け急激な改革を行った。一方、極楽丸の理想国家に危険を感じる十三郎らは、雷光之介と共に極楽丸を倒すため、江戸城に乗り込んだ。 日本の未来を賭けた最後の闘いが今!壮大の物語、ついに終焉の瞬間が―!! [立ち読みする!]