HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A・お問い合わせ買い物かごを見る
コミックパーク|絶版漫画を一冊からつくって販売!
新着一覧 全一覧
コミックパークtopへ 製本サンプル
詳細と購入(画像クリックで拡大表示)
全巻セット
冬物語 全7巻

冬物語 全7巻

原 秀則
6,804円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無

単巻販売はこちら

※全巻まとめて購入する
成績は真ン中で、家庭は中流・・・んでもって、森川光は現在、予備校生。勉強にも恋にも遅れないように、ファイトだ、光!!  [立ち読みする!]

単巻販売
冬物語 (1)

冬物語 (1)

原 秀則
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:224ページ
ISBN:9784090066948
大学受験に失敗し、滑り止めと思っていた八千代商科大学さえ落ちてしまった、森川光。その上、受験に失敗したおかげで、彼女にまで振られてしまう。渋々と予備校の受付に行くのだが、そこで東大を目指して1浪しているかわいい女の子、雨宮しおりと出会い、つられて東大コースに入ってしまう。しかし、案の定、勉強にはついていけない光だが、しおりのことを想うとなかなかやめられない。ある日、偶然しおりに彼氏がいることを知ってしまった光は、しおりに自分の気持ちを打ち明け、受講コースの変更を決意するのであった。 [立ち読みする!]
冬物語 (2)

冬物語 (2)

原 秀則
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:218ページ
ISBN:9784090066955
東大コースをやめ、私立文系コースに入った光は、あまりの勉強ムードのなさに驚く。そして、たまたま隣の席に座ってきた倉橋奈緒子と知り合い、彼女のペースに巻き込まれていく。ある日、光は、奈緒子がしおりに自分は光のことが好きなのだという気持ちを打ち明けているのを聞いてしまう。しおりへの気持ちを断ち切れない光ではあるが、奈緒子の気持ちに流されていく。一方、しおりは、彼とのすれ違いが多くなり。自分のことを好きでいてくれる光を頼りにしようとしてしまうのであった。 [立ち読みする!]
冬物語 (3)

冬物語 (3)

原 秀則
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:232ページ
ISBN:9784090066962
彼とのすれ違いにより、別れを告げられたしおり。東大の受験をやめ、地元北海道に帰ることをしおりから聞いた光は、奈緒子への気持ちに揺れながらも、しおりの支えになろうと努力する。受験の2月となり、光は志望校である日東駒専が全滅し、結局滑り止めであった、八千代商科大にしか合格できない。奈緒子は両親のすすめる慶応の医学部に合格するが、行く気はない。しおりは東大に合格したら彼とよりを戻そうと思うのだが、不合格となり、雨の中立ちつくすのであった。 [立ち読みする!]
冬物語 (4)

冬物語 (4)

原 秀則
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:220ページ
ISBN:9784090066979
八千代商科大に入学した光。そんな光の元に、東大に落ちて北海道に帰ってしまったしおりから手紙が届く。それを読んだ光は、もう一度しおりに想いを伝え、けじめをつけてこようと思うのであった。しかし、すでにしおりは東大生の彼とよりを戻しており、光の想いは受け入れられなかった。結局、光は奈緒子の元へ戻ってくるのであった。八千代商科大を好きになれない光は、次第にもう一度大学を受け直そうかと考え始める。そして親には内緒のまま休学届を出してしまうのであった。 [立ち読みする!]
冬物語 (5)

冬物語 (5)

原 秀則
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:234ページ
ISBN:9784090066986
再び受験することを決意した光は、あちこちの予備校にもぐりながら、勉強を始める。ある日、予備校の夏期講習で光はしおりと再会する。しおりはもう一度東大を目指すことを決め、夏期講習と模試を受けるために、そして彼に会うために東京に出てきていたのだった。それを知らない光は、けじめをつけたはずのしおりへの想いが再びよみがえるのだが、やはりしおりと彼の絆は固いのであった。そんな折、奈緒子はバイト先で高校生の高山淳と出会い、一目惚れされる。 [立ち読みする!]
冬物語 (6)

冬物語 (6)

原 秀則
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:240ページ
ISBN:9784090066993
何の目的もなく2浪している光。そんな光に周囲は,もう一度東大を目指してみてはどうかと提案する。しおりへの気持ちを断ち切れない光は、酔った勢いで東大を受けることを宣言してしまう。そんな光を見た奈緒子は、光の前から姿を消す。そして友達の紹介で、スタイリストのバイトを始める。しおりへの想いにやり切れなくなりながらも、奈緒子を探す光。しかし、やっと探し当てた奈緒子は淳と楽しくやっているのであった。全てから見放された光はどん底へと落ちていく。 [立ち読みする!]
冬物語 (7)

冬物語 (7)

原 秀則
972円 (税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:236ページ
ISBN:9784090067006
奈緒子は淳とつき合いだした矢先に、仕事でアメリカに行くことになる。それを聞いた光は、奈緒子の出発当日、空港に行き、奈緒子に泣きつくのであった。そんな光を見た奈緒子は、光のことが頭から離れなくなる。そして仕事途中のまま東京に戻り、淳に別れを告げ、光とよりを戻そうとする。しかし、いつも奈緒子にばかり頼ってきた光は、今度こそ合格したら連絡すると奈緒子に告げる。それぞれの思いを胸に、光、しおりにとって3度目の、そして淳にとっては初めての受験が始まる。 [立ち読みする!]