HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A・お問い合わせ買い物かごを見る
コミックパーク|絶版漫画を一冊からつくって販売!
新着一覧 全一覧
コミックパークtopへ 製本サンプル
詳細と購入(画像クリックで拡大表示)

愛しのバットマン (4)

細野 不二彦
990円(税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:222ページ
ISBN:9784090032462

キャンプ半ばで突き指の治療のため東京に戻ってきた香山は、通い始めた病院で、相撲取りの北津軽と出会う。北津軽の大ファンのリカは一目見ようと香山に付き添い病院へ行く。ふたりはその途中で、恋人と喧嘩している北津軽を見かける。喧嘩の原因が婚約発表の延期にあると聞いたリカは、好きな彼女との約束を破るような情けない男にはならないでくださいと北津軽に訴えるのだった(第1話)。 開幕前日、関監督と北方コーチは、今シーズンは優勝できるのではという希望を胸に、球場で酒を酌み交わしていた。そこにマウンドに見知らぬ男が現われ、アンダースローで伸びのある球を投げて、何も言わずに消えてしまった。そして迎えた1992年のペナントレースの開幕当日。ロビンズは万年最下位のドルフィンズと対戦した。6回の香山の打順がまわってきたとき、ピッチャーが交代。それは、先日球場に現われた謎の男だった。その男の名は川中洋次郎、香山の大学時代のライバルだった(第4話)。 (オリジナルは巻頭カラーがございましたが、本商品はモノクロプリントです)  [立ち読みする!]

→ この作品の全巻セットを見る