HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A・お問い合わせ買い物かごを見る
コミックパーク|絶版漫画を一冊からつくって販売!
新着一覧 全一覧
コミックパークtopへ 製本サンプル
詳細と購入(画像クリックで拡大表示)

ぱろぱろ (2)

国友 やすゆき
990円(税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:208ページ
ISBN:4090015960

『ぱろぱろ』の年に一回の社員旅行の日。悦子らは、とある温泉宿にやってきた。なかなかいい宿であるが、女将の対応が今ひとつであった。サービスがなってないと怒る朝子をなだめ、温泉に行った悦子は、実はここの宿は女将と主人の二人だけで切り盛りしており、女将の体調がそのためにかなり悪くなっていることを知る。そこに、団体客が芸者を呼べと言い出した。芸者は呼べないが、素人芸でいいなら何かするという女将の返事を聞いた悦子は、こっそりその様子を窺っていた。そして……(第1話)。     ある雨の夜、客足が悪いため店を閉めようとした矢先、包丁を持った一人の男が現れた。警察に追われているその男は、田舎に帰るために切符を買おうとしたら、あり金全てを取られていることに気付いた。そこで、コンビニ強盗をして旅費を工面したという。この話を聞いた悦子は、様子を見に来た警察を追い返し、男に酒を振る舞うのであった……(第2話)。     店の客、藤井に、秘書としてゴルフに参加して欲しいと言われた悦子。藤井のゴルフの相手は、彼の古くからの友人の尾上で、そして二人とも同じくらいの規模の会社を経営しているだが、このゴルフコンペの目的は、負けた方が自分の秘書を一晩差し出す、というものであった。このことを知った悦子は、帰ると言い出す。だが藤井は、秘書を差し出すことは本心ではなく、真の目的は、尾上に借金の申し出をすることであった。素直に彼に頭を下げることができない藤井は、この賭けを思いついたのだが……(第5話)。  [立ち読みする!]

→ この作品の全巻セットを見る

当時の 「ビッグコミックオリジナル増刊号」
同時期に連載されていた作品は…

ビッグコミックオリジナル増刊号