HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A・お問い合わせ買い物かごを見る
コミックパーク|絶版漫画を一冊からつくって販売!
新着一覧 全一覧
コミックパークtopへ 製本サンプル
詳細と購入(画像クリックで拡大表示)

演歌の達 (1)

高田 靖彦
972円(税込価格)
サイズ:130x188
仕様:簡易製本、カバー無
ページ数:206ページ
ISBN:9784090050008

演歌をこよなく愛し、“演歌の逹”と言われる日を夢見て大手レコード会社「テイトウレコード」に就職した越川逹は、一年半の営業部勤務の後、念願の制作部への異動の内示を受けて大喜び。その夜。逹は新宿で偶然、知り合いの若手歌手・宮内さやかに出会う。彼女は、逹が初めて店頭キャンペーンを担当した演歌歌手で、その成長を楽しみにしていた歌い手だった。しかし、逹はその宮内さやかから、歌手をやめて故郷に帰る決心をしたということを告げられる……(第一話)      逹の異動先は、希望していた“演歌の”「第一制作部」ではなく、“ロックな”「第二制作部」であったが、宮内さやかが言った「歌にはジャンルなんてない」という言葉を胸に秘めて張り切って出社する。出社後、逹は自分の上司が女性ということを初めて知って、面食らう。しかし、その上司・牧比呂美は他社から引き抜かれた敏腕プロデューサーで、今や「テイトウレコード」の二枚看板ともいわれるかなりのやり手だった。逹は早速この上司に連れられて、あるアマチュア・バンドのライブを見に行くのセが……(第2話) 他全9話  [立ち読みする!]

→ この作品の全巻セットを見る